『演劇 は 幸せ の スキル』演出家 の 篠原明夫 さんに学ぶ 複業のトリセツ

2018年6月12日

みなさんこんにちは(・∀・●)

複業のトリセツ 編集担当の 水上です!

本格的に関東は梅雨入りですね

晴女の水上、雨に負けずにいきますよ~

 

今回は、演出家であり脚本家でもある 篠原明夫(しのはらあきお)さん

お話を伺いました。

舞台演出家・脚本家からのブライダルプロデューサー!?

名刺にもいろんな職業が書いてある…

何でも屋さんなのか!すごい人がいるぞ!

という第一印象の篠原さん(笑)

しかし、お話を聞いていく中で、はぁなるほど!と全ての職が繋がる面白さを実感しました。

様々な職を経験される篠原さんの強さ、

これこそ複業にも大事なポイントだ!と思った点を

紹介させていただきます^^

 

立ち返れるものがある強さ

これだけはブレない、軸があると

何をやってても、全てが繋がってくる。

 

篠原さんのお話を聞いて

お仕事の根っこには、表現というワードがあると感じました。

舞台上で繰り広げられる会話をお客様に伝える

高度なコミュニケーションスキルを教えたり、

読書感想文の書き方を子供に教えたり、

親子間の会話について指導したり、

自分を表現して相手に伝える事

が全てに共通すると思いました!

様々な職に就いていても、立ち返れる軸があれば

元々やりたかったことと検討違いな道に進まずに済みます!

あれ、何やってんだ自分。ってなることはないでしょう。(経験者は語るです笑)

軸って本当に大事なんです!

 

何でもやる&できる!

何でもやる・なんでもできるという幅の広さ。

 

篠原さんが影響を受けた

石ノ森章太郎さんや武田鉄矢さん。

どちらも有名な方ですが、

この2人に共通するのは、とにかく何でもやる!

という精神です。

その影響で、篠原さんもいろんなジャンルの演劇にも着手されたようですね。

そして色んなことをやることで

個々の職が相乗効果で良くなると!

複業も同じですね。副業ではなく複業の時代。

どれがサブだとか、メインではなくて

やってみて自分に合う職がわかってくる。

いくつか試して各々同じ位の収入が取れれば

それほど強いものは無いと思います。

 

失敗も成果に

Try and Error でどんどん進もう。

 

軸がある上で

何でも挑戦して

見えるもの

は成功だけではありません。

条件が整っていても失敗することはあります。

しかしその失敗をどうするのか?

篠原さんは、失敗すらも成果にするという考えを持っています。

失敗は成功の基 ということでしょうか。

失敗したことも成果にできる考えがあると

恐れて躊躇うことはないでしょう。

興味があるところに足を踏み入れずにはいられない!

私もそんな衝動に駆られることはあっても、

結局失敗が怖くて動けなかったりします。

本物の成功者との差が出るところはここかもしれません。

 

まとめ

1、立ち返れるものがある強さ

2、何でもやる&できる!

3、失敗も成果に

 

何でも挑戦!精神の篠原さん

パワフルで本当に活き活きされてました。

私も失敗すると決まってもない未来を心配するより先に

行動、行動、行動

していかなければと痛感しました。

人物紹介

幸せな家庭を増やしたいという夢を持ち、

また子育てに関する講師育成もしていきたいと考えてらっしゃる篠原さん

”表現”であったり、”コミュニケーション”という分野に興味がある方や

幸せな家庭を増やしていくことに共感!

という方はぜひぜひ

言葉の魔術師」篠原さんとお会いしてみては

いかがでしょうか?(勝手に命名しました笑)

詳細を知りたい!という方は

以下のリンクをポチっと☆

よろしくお願いします♪

 

篠原さんのFacebookはこちら

楽職診断相談会

先着20名限定で楽職診断相談会”へ

複業・起業をしたい人へ。このたった90分の個別相談で、あなたの「働き方を変えるキッカケ」になり、『人生を変えたキッカケ』になったと半年後に言っているでしょう。

詳細はこちら