「まずは 売る方法 を知る」 集客コーディネーター の 小岩 あや さんから学ぶ 複業のトリセツ

2018年5月17日

最近OFFの日は海に行きます!

こんにちは、複業のトリセツ 編集担当の 水上洋美 です。

今回は 集客コーディネーター の 小岩あや さんにお話を伺いました。

自分の手で複業を始めるにあたって、大切なのはやはりマーケティング力。

”好きな事を仕事に”という観点とは少し違った

複業を始めるポイントについてご紹介します!

 

 マーケティング から始まった 複業

商品があっても、売り方が分からなければ売れない。

逆に、

売り方が分かっていれば、商品が何だとしても売れる。

 

ということで、小岩さんはまずマーケティングを学ぶことから始められました。

結果として、それが今の仕事となっているのですが、

何をしていいか分からないから、まずはビジネスの知識を。

と行動する人って案外少ないんじゃないかと思います。

なぜなら、勉強って面倒くさいから(–;)

ただ、そこにチャンスがあったんですね。

小岩さんは、何かしら専門のスキルはあるのにそれを売る知識が無い人が多い

という課題を見つけ、解決策を提供する側になりました。

まずは、マーケティングを学んでみる。

あなたも複業で迷っていたら、ここから始めることで

何か掴めることがあるかもしれません。

 

 SNS 始めてみる?

「SNSで簡単集客」という風にサポートを行っている小岩さん。

 

SNSと聞いて思い浮かぶものって何がありますか?

日本3大SNSは、Facebook、Twitter、Instagramと言われています。

また、利用者が爆発的に伸びている、LINEなどもありますね。

SNSの使い方が分からない。

定期的な投稿が大変。

そもそも使うのが面倒くさい。

といって、毛嫌いしている人も少なくないと思います。

しかし、今ではどのSNSも基本的にビジネスにも応用できるような

仕組みを提供しています。

利用者が多いからこそ、多くの人の目に触れ、

上手く活用出来ればユーザーを自分のビジネスの顧客へと

変換することは想像しているより難しくないはず。

 

自分が出来そうな物を選んで、1つでもやってみる!

まずは慣れることから始めましょう♪

 

 学んだ事 を 教える側 に

教えることが好き

これだけでも十分複業のヒントになるものだと思います。

 

自分が好きな事 得意な事

何を自分は仕事としてやっていきたいんだろう~(・Δ・`)

ってきっと考えますよね。

これ!って言葉にして仕事のイメージが

出来るもの(ex.マッサージ・旅行・料理)はもちろん。

抽象的なもの(ex.教える事・喋る事・聞く事)だとしても

自分には出来ることがある、と気づいているだけで大きなヒントになります。

そこから派生して、具体的な仕事のカタチに落とし込めばいいだけ。

ヒントは身近なところにあります。目を向けてみてください。

 

 自分にとっての ベスト を 他の人にも

 

一番良い環境で学べたから、一番成長を速めることが出来た。

 

小岩さんがマーケティングを学んだのが

実績のある人で、マンツーマンでベストな環境だったからこそ

最短で結果を残せたと言われていました。

その経験から、今でも小岩さんはマンツーマンで教える

ということを大切にされています。

自分が成長できた環境を他の人にも提供する

良いと思った事を今度は自分が別の人に行う

何かを伝え広める上で、非常に大切な動機になると思います!

その考え方は見習わなければと、私も感じました。

 

まとめ

1、マーケティング から始まる 複業

2、SNS を始めてみる

3、学んだ事を 教える側に

4、自分にとってのベストを他の人にも

以上4点。

学ぶ際も全力で。

学びのプロフェッショナルになれば

それがそのまま仕事に活かせる可能性も大だなと感じました。

 

 

 小岩 あや さんの紹介

「愛され続ける1人サロン集客コーディネーター」

キャッチコピーに活動されてる小岩さん。

専門のスキルはあるが、経営・集客の知識がまだまだ…

空いてる時間で在宅で何か仕事をしたい

などの方を対象に、サロンを行ったりしています!

また、今後は仕事と家庭を両立できる女性を増やしたいという目標もあるようです。

 

サロンを受けてみたい!

その夢に共感します!という方たちは

ぜひ、以下のリンクをポチっと☆ 詳細をご覧くださいませ(^v^●)

小岩さんのFacebook

 

小岩あや さん

楽職診断相談会

先着20名限定で楽職診断相談会”へ

複業・起業をしたい人へ。このたった90分の個別相談で、あなたの「働き方を変えるキッカケ」になり、『人生を変えたキッカケ』になったと半年後に言っているでしょう。

詳細はこちら