ザイアンスの法則 とは

ザイアンスの法則とは、

行動心理学の一つです。

人は、五感に特定の刺激を受け続け、接触されることで

その刺激や刺激を与える人や物、企業に対して

好意的な態度が形成される効果のことです。

 

別名、単純接触効果とも言います。

 

新しい刺激は、安定志向や未知のことに不安を抱く人にとって

不快なものになりますが、繰り返し接触することで慣れてきて、

やがて“好き”が優勢になってくるとされています。

 

例えば、

毎日のようにメールや手紙のやり取りをし続けることで

メールや手紙が来ることに期待をし好意的になってきます。

 

それが突然、来なくなると「どうしたんだろう?」と

気になり始め、来ないことに不安を覚えることもあります。

 

 

複業 をするとしたら、直接会うことができなくても

メルマガなどで、継続的にコミュニケーションを取ることで、

あなたへの好感度を高め、信頼を得ることができます。

 

楽職診断相談会

先着20名限定で楽職診断相談会”へ

複業・起業をしたい人へ。このたった90分の個別相談で、あなたの「働き方を変えるキッカケ」になり、『人生を変えたキッカケ』になったと半年後に言っているでしょう。

詳細はこちら